明日葉(あしたば)の副作用、デメリットとは?妊婦さんや治療中の人は医師に相談!

■明日葉の具体的な副作用、デメリット

明日葉はその名の通り、今日摘んでも明日にはまた生えてくるという程に生命力旺盛な植物です。実際には3日程掛かる様ですが、それだけ豊富な栄養素を含んでいるという事です。ただそれだけに含まれる成分の極端な過剰摂取のよる副作用については知っておく方が良いでしょう。

このサイト、シミ取りクリームの料金、は妊娠中の美白に興味ある人にお勧めです。

1.ビタミンK

ビタミンKは明日葉に豊富に含まれる成分の一つです。青汁の原料として多く使用されるケールに含まれる210?(100g中)に対し500?と倍以上の多さになっています。ビタミンKは怪我などの際の出血を止める為の血液凝固作用があるので、血栓による病気である脳梗塞、心筋梗塞の予防薬の効果を阻害する可能性が出て来ます。

2.カリウム

腎臓の疾患により人工透析を行っている人はカリウムの摂取は制限されています。このカリウムも明日葉には比較的豊富に含まれています。

3.クマリン

クマリンはポリフェノールの一種で、血流を良くする効能がある成分ですが、長期間の過剰摂取では肝機能を弱める副作用が心配されます。またこのクマリンの中のある種のものはグレープフルーツに多く含まれており、病気治療で薬を処方される時に一緒にグレープフルーツを取らない様に注意を受けた方は、明日葉の摂取にも気を付ける必要な場合があります。その他に人によっては日光によるアレルギーを発症する事もあります。 4.食物繊維 食物繊維もケール3.7gに対しあしたば5.6g(100g中)と多い成分です。植物繊維は周知の様に便秘解消に効果がありますが、便秘ではない人が摂り過ぎるとお腹が緩くなる可能性があります。

■明日葉はそんなに怖い食べ物なの?

いいえ、決してそんな事はありません。注意しなればならないのは、体に良い栄養素が豊富に含まれているからと明日葉ばかりを毎日大量に、しかも長期に渡って摂ったような極端な場合の話です。 明日葉は基本的には八百屋さんやスーパーの店頭に並んでいる事もある普通の野菜なのです。場所によっては雑草に様に道端にいくらでも生えているそうです。ですから植物の明日葉を料理で食する時には全く心配する必要はないでしょう。多少注意が必要とするならば、効率よくその成分を取れるサプリメントを利用する時です。その場合は必ず指定された摂取量を守れば全く心配はありません。 何に寄らず、口に入れる物について極端な偏りがある事は健康に良い訳が絶対ありません。栄養は多量に摂る事が良いではなく、バランスよく摂る事が大切なのです。妊娠中の女性や、何かの病気を治療中で日常的に薬を服用されている方、掛かり付けのお医者さんに相談するのが良いでしょう。