非難情報が発令されたら

自分の住む地域が台風、大雨洪水、大地震といった自然災害に襲われた時、どうしたらよいか考えておくことは大切です。
各市町村には防災無線が用意されており、この情報を基に避難行動をとる事が求められます。
そこで、災害時に避難情報が自治体から出た時、どう対処するべきかについてまとめました。

【非難発令の種類】
災害時に発令されるのは「非難準備情報」、「非難勧告」、「非難指示」の3つです。

【非難準備情報】
非難情報の中で、最も緊急度が低いのがこれです。
この先、非難勧告が発令される可能性が高い時に呼びかけられます。
また、お年寄りや障碍者など災害時要援護者を非難させるための呼びかけでもあります。

【非難勧告】
非難準備情報に次いで緊急性が高いのがこれです。
非難を推奨しますが、絶対に非難しなければならないという強制力はありません。
ただ、早めに非難することで難を逃れることができますので、状況に応じて非難を決断しましょう。

【非難指示】
非難指示は、最も緊急性が高いときに発令されます。
災害が既に発生している時や発生する可能性が非常に高いと判断された時に発令されます。
こちらも強制力はありませんが、非難指示が出たら速やかに非難するのが安全です。

【準備しておこう】
何を準備したらよいのか、どこへ行けばよいのか。
いつ訪れるか分からない「いざ」に、日ごろから備えておくことが大切です。
非常用持ち出し袋の中身は?避難場所は?非難経路は?家族の集合場所は?
事前に決めておくことはたくさんあります。
ぜひ、家族で話し合ってみましょう。

非難発令には強制力がありませんので、最終的に判断を任されるのは自分です。
安全第一と考えるならば、速やかな行動が望ましいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です